HOME > 調査官の目線~脱税は割に合わない~ > 税務調査にも色々。(資料調査課)

税務調査にも色々。(資料調査課)

< 税務調査にも色々。(マルサ編)  |  一覧へ戻る  |  税務調査にも色々。(特別調査編) >

先週は税務調査にも色々と種類があることや、 マルサについて説明を行ったが、マルサ以外の  

調査とはどんなものか?を今週以降順次解説して行きたい。 

まず、国税局の調査部であるが、 ここは資本金1億円以上の大法人の調査を主に行うセクションである。

中小企業とは少し縁のないセクションであるので ここでは説明を省略したい。   

 

では、国税局の資料調査課とはどんなところか、、 

文字通り、資料を基に「選定」と「調査」を行うセクションであるが、 

その資料は「仮借名預金」の資料から「不正取引」に関する資料等調査対象が広範で中身の濃いものばかり

である。  

 

一方、その中身の濃い資料を使う「調査官」が二流・三流では 資料も宝の持ち腐れとなってしまう。  

そう、資料調査課の「実査官(調査官とは呼ばない)」は 各税務署から選りすぐられた「精鋭」の集まりである。 

昔は、数百名の希望者から数名が選ばれたという超難関である。 

この「実査官」のポテンシャルたるや、署の調査官とは比べ物に ならない。  

資料の真贋を見抜く目 その資料を有効かつ最大限に活用する力量、調査のスピードやそのそつの無さ 

どれをとっても一流・超一流である。   

 

また、調査対象者の「選定」も並ではない。 

数ある資料と、調査対象者から、より大きな「不正」が想定される事業者をピックアップし 

事前に徹底的な下調べ(事前審理という)を行うのである。   

その精度・中身たるや、これまた驚嘆に値し、想定不正額やその使途・プール先まで調査の前に全て 

「絵」を描き終えているのである。  

資料調査課と、任意調査で比肩するセクションは はっきりいってない。   

万一、朝早くに「国税局資料調査課です」と 資料調査課が来た場合は、おとなしくその指示に従った方が 

賢明かと私は思う。   

 

次回は署の特別調査等に関して解説をします。

< 税務調査にも色々。(マルサ編)  |  一覧へ戻る  |  税務調査にも色々。(特別調査編) >

このページのトップへ